PayPalアカウントの保留金とは何ですか。

アカウントの保留金とは、売り手からチャージバックやクレームが提出された場合など、支払いの取り消しが発生した際の取引の損失に備えて、お客さまのPayPalアカウント内に保留される資金のことです。保留金は、一時的に使用したり引き出したりすることはできません。

アカウントに保留金が設定されると、保留の期間を記したメール通知が届きます。保留されている残高を確認するには、「残高」ページに移動してPayPal残高の[保留済み]セクションをご覧ください。
 

なぜ保留金が設定されるのですか。

保留金は、個別に設定および評価されます。お客さまのPayPalアカウントに高いリスクが関連していると考えられる場合に、保留金が設定されることあります。通常は、アカウントに保留金がある場合にチャージバックや異議が提出されると、保留金の残高ではなく利用可能残高から該当金額を引き落とします。ただし、売り手が閉店したりPayPalでの決済処理を中止したりした場合、PayPalは保留金をその後の支払い取り消しに充てます。

PayPalでは、以下を含む(しかし、これに限定されない)、一定の要素および期間での変化を考慮します。
  • PayPalおよびその他の決済サービス代行会社を利用した支払い処理履歴
  • 業界でのチャージバックや返金の発生率が高いかどうか
  • お客さまのアカウントにおいて顧客からのクレームおよび異議の数が増えているかどうか
  • 会社および/または個人の信用履歴
  • 商品またはサービスを事前に販売しているかどうか(事前販売注文)
  • 配達に要する期間 - 配達期間の延長があるかどうか
アカウントは定期的に確認され、保留金の設定を削除または調整すべきかどうかの判断が下されます。パフォーマンス、業界、クレーム件数の減少などの主要分野で良好な変化が見られた場合に保留金が減額または解除の対象となる場合があります。
 

どんな種類の保留金がありますか。

PayPalには、3種類の保留金があります。
  • 定期保留金: お客さまが日々受け取る各取引の決まった割合を保留し、後日定期的に保留を解除します。たとえば、お客さまのアカウントに90日間保留される10%の定期保留金が設定されているとします。1日目の受取金額の10%が保留されて91日目に解除され、2日目の受取金額の10%は92日目まで保留される、というようになります。
  • 固定保留金: PayPalアカウントにある残高のうち、固定された金額が常に保留金として確保されます。たとえば、お客さまのアカウントに$1000の固定保留金が設定されているとします。アカウントにある$1000を一度に全部保留するか、毎日の売上の決まった割合を、合計が$1000に達するまで保留します。
  • 最低保留金: 利用可能残高から即時保留される金額。たとえば、PayPalが$1000の最低保留金を保持する決定を下し、PayPalアカウント残高に$2000がある場合は、$1000がただちに保留金となります。

いつ資金を入手できますか。

保留金の解除は、設定されている保留金のタイプによって異なります。お客さまの保留金に関して更新がある際は、メールでお知らせします。

定期保留金が設定されている場合、資金は一定期間が経過してから保留解除されます。たとえば、90日間の定期保留金が設定されている場合、1日目の売上の資金は91日目に利用可能になります。

固定保留金の場合、保留金は90日ごとに確認が行われます。PayPalは積極的に保留金を確認し、お客さまの業績に改善が見られる場合は、保留金が調整または解除されることがあります。
 

アカウントの保留金を回避する方法を教えてください。

保留金は常に防止できるものではありません。支払いネットワークの安全を維持するために、売り手とPayPalの関係において必要な場合があります。

ここで、顧客満足度を改善し、保留金の発生を抑えるのに役立つガイドラインをご紹介します。
  • 商品を速やかに発送し、PayPalを通して有効なトラッキング情報を相手に伝え、配送状況を確認できるようにします。
  • 買い手とは早い段階から頻繁に連絡をとり、必要に応じて変更や遅れ、その他重要情報を伝えてください。
  • 買い手によるクレーム率を定期的に監視し、クレーム率を売上の1%未満になるように維持してください。
  • 返金の遅れは苦情につながるため、返金は速やかに行ってください。

ユーザー規約11.5項で保留金の詳細をご確認ください。