PayPalでの支払いの返金を請求する方法を教えてください。

受取人がすでに受け取っている場合、お客さまの支払いをキャンセルすることはできません。お客さまが返金を求めることのできるケースは次のとおりです。

誤って支払ってしまった場合
受取人にメールで誤って支払ったことを説明し、支払日から180日以内であれば返金を求めることができます。 受取人はこの期間内であれば、お客さまの支払いの「取引の詳細」ページから、返金を実行することができます。受取人の連絡先詳細を確認するには、「取引履歴」ページに移動して、該当する支払いをクリックします。PayPalアプリケーションから、ホーム画面の[取引履歴]をタップします。

その他の問題がある場合
支払い後に他の問題が発生した場合も、迅速な問題解決のため、まず売り手に連絡することをお勧めいたします。商品を受け取っていない、または受け取った商品が売り手の説明と異なる場合は、ご購入から180日以内であれば問題解決センターに異議申し立て を行うことができます。異議の処理についての詳細をご覧ください。

どこに返金されますか。
返金される場合、返金額は支払元の資金源に戻されることになっています。デビットカードまたはクレジットカードでお支払いいただいた場合は、30日以内にそのカードに返金されます。PayPal残高から支払った場合は、3~5営業日以内にお客さまのPayPal残高に返金されます。銀行口座からの口座振替で支払いを行った場合は、その銀行口座に返金されます。銀行口座に返金できない場合は、PayPal残高に返金されます。

返金ステータスは、お客さまのPayPalアカウントでいつでも確認することができます。表示される返金ステータスは次のとおりです。
  • 保留中: お客さまへの返金は実行されていますが、銀行での処理中です。通常、3~5営業日で資金を確認できるようになります。
  • 返金済みまたは一部返金済み: お客さまへの返金は完了しています。資金はお客さまのPayPal残高またはカードに返金されています。
  • 一時保留: お客さまの最初の支払いが銀行で決済される前に、返金が送信されました。この処理には、通常3~5営業日かかり、返金が完了するとお客さまのPayPal残高に入金されます。
  • 完了: 売り手または受取人の側でお客さまへの返金は完了していますが、お客さまの利用可能残高にはまだその金額が表示されていない場合があります。表示されるまでに、さらに3~5営業日かかる場合があります。
注: 元の取引がhttps://www.paypal.com/jp/webapps/mpp/ua/useragreement-full?#personal_Exhibit_A通貨換算_blankが必要な取引で、元の取引の支払い日の翌日に売り手がPayPalを使用して返金した場合、その返金日の為替レート(通貨換算手数料を含む)が適用されます。そのため、通貨換算手数料と為替レートの変動により、返金額が元の支払金額に満たない場合があります。通貨換算手数料について詳しくは、当社のユーザー規約を参照してください。