不正取引の可能性に気づいた場合どのようにPayPalに連絡すればいいですか。

不正の疑いのある事例を報告することは非常に重要です。お客さまを保護するだけでなく、取引をするためのECサイトをより安全な場にするのに役立ちます。ここでは、不正な取引のいくつかのタイプ、およびそのような取引が発生した場合にご自身を保護するために何をすべきかについて説明します。
 

お客さまのPayPalアカウントでの未承認取引
お客さまが完了または承認されなかった取引に気づいた場合、問題解決センターで速やかにご報告ください。

偽のPayPalメールまたはなりすましサイト
偽のPayPalメールを受信された場合やなりすましサイトにアクセスした場合は、受信したメールまたはURLを
spoof@paypal.comまで転送してください。
 
商品未受領または不正行為の可能性のある売り手
支払いをしたものの、商品を受け取っていない、または売り手が不正行為を行ったとお考えの場合、問題解決センターで異議を提出して、売り手と問題について連絡をとることができます。

売り手と合意に至らない場合、異議の提出日から20日以内に
異議をクレームにエスカレートできます。PayPalがケースを調査し、お客さまおよび売り手から提供された証拠に基づき、結論を下します。