ComScoreの調査:
ペイパル決済は他社の決済よりも82%コンバージョン率が高い結果に

2018年5月1日|Bill ready

アメリカ サンノゼ

商取引の世界は急速に進化しています。消費者がオンライまたはモバイルショッピングに費やす時間が増えるにつれて、簡単なショッピング体験を提供する大型の会社に統合されていくことがうかがえます。一方、多くの小売業者や小規模企業は、携帯電話を主に使用している顧客との接続には苦労しています。モバイルではしばしばコンバージョン率が大幅に下がります。 ペイパルは、素晴らしいショッピング体験は大規模の業者のみ提供できるものとは考えておりません。我々は、ペイパルの2億人以上のアクティブアカウントに対し、安全で簡単な決済体験を提供できるよう、大小のすべての企業にシームレスなモバイルツールおよび決済ソリューションを提供していくことに努めています。 今日、comScoreによる調査によると、ペイパル決済*のコンバージョン率は88.7%でした。そしてペイパルではない決済(デジタルウォレットとカードを含む)に比べ82%高く、その他のデジタルウォレットと比べ60%高いことがわかりました。本調査によると他のデジタルウォレットと合わせたコンバージョン率は、平均55.3%でした。comScoreの調査で、すべての支払い方法を合計すると平均のコンバージョン率は48.7%でした。

ペイパルは本調査に加え、comScoreが実施した消費者のモバイルに特化した調査から、ペイパルがモバイルのコンバージョン率に影響していることを明らかにしました:

ペイパルが決済方法にあると、55%のモバイルユーザーは買い物が増え、ペイパルが使えないと、33%のユーザーが購入をしませんでした。ペイパルのワンタッチを利用した99%の顧客は、「良い」またはそれ以上の評価をし、91%が「非常に良い」または「優秀」の評価をしています。また、55%の人がペイパルのワンタッチがあったので、買い物が増えたと言っています。 ペイパルは、グローバル規模で顧客と店側の両方のエコシステムを有し、エンドツーエンドで購入体験を提供できる世界でも珍しい企業です。このため、私たちは他の企業が真似することができない体験を提供でき、また、お店側はそのための追加の導入作業は必要ありません。その一例として、ワンタッチがあります。ワンタッチは、ユーザー名、パスワード、支払い情報または配送情報を入力することなく、数百万の店舗で購入ができます。ワンタッチは、ペイパルの歴史において最も急速に採用されている商品であり、現在9200万人の顧客がワンタッチを有効にしています。860万の加盟店(78%の100のインターネット小売業者)が、追加の作業をすることなくワンタッチを有効にできました

ペイパルは、ユーザーが安全にすばやく欲しい物を購入できるよう、シームレスな決体験を提供できるように努めてまいります。

* ペイパル決済には、エクスプレスチェックアウト(API決済)、ワンタッチ決済、かんたん決済ボタン(HTML)が含まれています。決済画面のコンバージョンは、消費者が同じブラウジングセッション内で支払いタイプを選択して購入完了までの時点から測定されています。

元の記事はこちら

出展:
comScore online panel, Q4 2017. Analyzed shopping behavior at 20 large merchant sites across categories, utilizing its 1 million US consumer panel.
comScore online survey, Q1 2018, n=4,200 U.S. adult mobile shoppers.

詳細な情報はこちら
Bill Ready, COO and EVP, PayPal