事例紹介
YogaJaya(ヨガジャヤ)

ユーザーフレンドリーな決済で、
生徒の継続意欲UP。スタッフの負担も減少。

生徒やスタッフの負担を減らすためのより便利な 予約・支払いの仕組みが必要だった

国内の本格的なヨガスタジオの草分けとして、Baseworks Practiceと呼ばれる独自のメソッドを展開するYogaJaya(ヨガジャヤ)。代表取締役でありBaseworks Practice創立者のパトリック・オアンシア氏はレッスンやイベントの予約・決済を、より効率的な仕組みにしたいと考えていた。仕組化に向けたシステム導入を行ったのは取締役であり認定講師BT3の資格を持つ堀江里子氏。当初の課題を語る。

「チケットの購入だけにわざわざ来店したり、そのつど現金での支払いは生徒さんもスタッフも大変です。より便利な決済システムの導入は必須の課題でした」。(堀江氏)

YogaJaya(ヨガジャヤ)の取締役 Baseworks 認定講師 BT3 堀江 里子氏1

YogaJaya(ヨガジャヤ)の取締役 Baseworks 認定講師 BT3 堀江 里子氏2

Baseworks Practice展開にあわせ、ユーザーフレンドリーなペイパル決済をWebサイトに導入

YogaJayaでは長いこと、定期レッスンクラスの料金支払いには現金を、またワークショップなど参加料金支払いには銀行振り込みを利用してきた。2012年に指導メソッドをBaseworks Practiceと呼ばれるYogaJaya独自のものに統一したタイミングに合わせて、課題だった決済や予約システムも変更。そのキーワードがペイパルだった。

「導入も手軽なペイパルのオンライン決済が最適でした。すでにネット決済のサービスはいくつもありましたが、 ユーザーフレンドリーで使いやすいこと。またアメリカでは個人レベルで普及しており、日本でも利用の拡がりが期待できるといった理由から導入を決めました」。

YogaJaya(ヨガジャヤ)の取締役 Baseworks 認定講師 BT3 堀江 里子氏2

Baseworks Practice展開にあわせ、ユーザーフレンドリーなペイパル決済をWebサイトに導入

YogaJayaでは長いこと、定期レッスンクラスの料金支払いには現金を、またワークショップなど参加料金支払いには銀行振り込みを利用してきた。2012年に指導メソッドをBaseworks Practiceと呼ばれるYogaJaya独自のものに統一したタイミングに合わせて、課題だった決済や予約システムも変更。そのキーワードがペイパルだった。

「導入も手軽なペイパルのオンライン決済が最適でした。すでにネット決済のサービスはいくつもありましたが、 ユーザーフレンドリーで使いやすいこと。またアメリカでは個人レベルで普及しており、日本でも利用の拡がりが期待できるといった理由から導入を決めました」。

ペイパルを活用したYogaJayaの予約フロー

YogaJaya(ヨガジャヤ)の予約の流れ YogaJaya(ヨガジャヤ)の予約の流れ

ペイパル&事前予約システムで、
生徒の利便性とレッスン継続への意欲が大幅にアップ

「さらに、ペイパル導入と組み合わせて事前予約システムも導入しました。この結果、生徒さんは自宅からYogaJayaのWebサイトにログインするだけで、料金の支払いからレッスン予約までが簡単にできるようになったのです」(堀江氏)。 このネット予約~ペイパル決済の仕組みの成功は、利用率の推移で明らかだ。 ペイパル利用者の割合を導入当初の2012年と2016年現在で比べると、定期レッスンクラスでは2倍の60%に、また随時開催されるワークショップなどのプログラムでは、なんと0%から80%に増えている。
事前に支払いも予約も済ませるため、「必ず出席するんだという気持ちが生徒さんに生まれ、レッスン継続の意欲につながっています」(堀江氏)とメンタルな面での効果も明かす。

ペイパル利用率の推移

定期レッスンクラスの生徒のペイパル利用率は、30%(2012年)から、60%(2016年)にアップ

臨時開催ワークショップやプログラムに参加するの生徒のペイパル利用率は、0%(2012年)から、80%(2016年)にアップ

入金確認などのワークフローをほぼ自動化し
スタッフの手作業による事務処理負担を大きく軽減

ペイパルと事前予約システムを導入する以前は、ワークショップなどのプログラムでは、「生徒の参加申し込みを確認→銀行振り込み依頼のメールを送信→料金の振り込みを確認→予約完了のメールを送信」という一連の事務処理をスタッフがすべて手作業で行っており、大きな負担となっていた。
「これが今では、 ペイパルからの決済完了の自動通知を受けて、事前予約システムに入力すると、予約完了メールが生徒さんに自動送信されます。この結果、スタッフによる手作業がほぼ不要になりました。また現金決済の場合は教室で講師がお金の受け渡しをしていますが、ここも省力化されて、よりレッスンに集中できるようになりました」(堀江氏)。

オンラインラーニングなど将来の海外展開に
ペイパルは有力な決済サービスとして期待

YogaJayaは現在、東京の代官山・恵比寿にスタジオを構え、1週間に約60クラスのレッスンを開催しているが、堀江氏は「今のところ店舗を増やすことは考えていません。むしろ、今以上にクオリティを向上させる方に力を注ぎたいと考えています」と言う。また将来的には、スタジオでのレッスンに加え、オンライン ラーニングにも挑戦したいと展望と語る。
「そうなれば、より多くの国や地域の方々に、私たちのBaseworks Practiceを知ってもらえるようになります。海外ではペイパルの利用者が日本よりもはるかに多いので、その際には決済手段として大いに活用できると考えています」。

ペイパル導入の効果

  1. ①生徒の利便性がアップ
  2. ②生徒の継続意欲が向上
  3. ③入金確認などの事務処理作業を自動化して作業負担を減少