PayPalアカウントが制限されているのはなぜですか。

買い手としてのアカウントの制限の理由

お客さまのPayPalアカウントが制限される理由はいくつか考えられます。以下にその例を挙げます。
  • 不正利用:お客さまの同意なく、第三者がお客さまのPayPalアカウントにアクセスしている可能性があると考えられる場合、または、お客さまの銀行口座またはデビットカード発行会社から、不正な請求があったとの連絡があった場合です。お客さまを潜在的な損失から保護し、不正行為を確認するために、お客さまのアカウントを制限することがあります。
  • 本人確認手続きが必要です。お客さまのPayPalアカウントの本人確認手続きが必要な場合があります。
  • 非アクティブなアカウントさらに、追加のセキュリティ対策として、PayPalでは開設から3ヶ月間に支払い取引が一切行われていない非アクティブなPayPalアカウントを一時的に制限させていただく場合があります。


制限がお客さまのアカウントに与える影響

お客さまのアカウントが制限されている場合、問題が解決するまで、特定のアカウントの機能(資金の支払いや引き出しなど)は停止されます。


アカウントの制限への対応方法

アカウントの制限の解除は、通常は非常に簡単です。問題解決センターにアクセスして、[アカウントの制限に移動]をクリックし、必要な手順を完了してください。

重要: お客さまのアカウントが制限されているものの、問題解決センターには何も手順が表示されていない場合は、偽メールを受け取った可能性があります。PayPalが、機密性の高い個人情報をメールで共有するように求めたり、ソフトウェアのダウンロードやインストールを依頼したりすることは決してありません。不審なメールをspoof@paypal.comに転送していただくと、PayPalがお客さまのために調査を行います。PayPalアカウントを守る方法に関する詳細をご覧ください。