FATCAで影響を受けるのは誰ですか?

FATCAは、米国外のアカウント保有者に影響を与えるもので、アカウント保有者が米国人であるかどうかを示す税務書類または証明書をアカウント保持者から収集することを求めます。 これには、米国外の口座を開設する事業体や一部の個人が含まれますが、それに限定されません。

FATCAに従い、(米国人または非米国人としての)アカウント保有者のステータスがFATCAに関して適切に記載されていることを確認するため既存のアカウント保有者の記録も審査します。 この審査の結果、場合によってはアカウント保有者から追加の書類をいただく場合があります。 

追加の書類が必要な状況:

  • アカウント所有者について以前に収集されたデータが、税務書類および自己申告で提供された情報と一致していない場合。
  • アカウント所有者が非米国人であると主張するものの、顧客情報に米国の識別子が存在する場合。