ポリシーの更新

 

>> すべての規約を表示

>> 過去のポリシーの更新を表示

 

ポリシーの更新

 

日本 PayPal 規約の改訂通知

発行日: 2021年1月29日

 

このページ

このページには、日本 PayPal ユーザー規約またはその他のオンライン規約、ポリシー、またはステートメントに関する重要な変更についてユーザーに通知するポリシーの更新が表示されます。以前のポリシーの更新を表示するには、「過去のポリシーの更新」に移動してください。

 

今後の変更

弊社は、PayPalとの関係を規定する特定の規約(以下に記載)を変更します。これらの変更は、以下に記載されている対応する発効日に自動的に行われます。

 

必要なアクション

以下の注意事項をよく確認し、今後の変更についてよく理解してください。それ以外の場合は、お客様からのこれ以上のアクションは必要ありません。このような変更を拒否したい場合は、適用される発効日より前にお客様の PayPalアカウントを解約する必要があります。

 

PayPal ユーザー規約の改訂

発効日:2021年2月26日

  • PayPalの買い手保護制度と売り手保護制度の対象外項目を修正し、それらを世界共通のものとし、どの取引が保護の対象となるかを明確にします。
  • 弊社はPayPalの売り手保護制度を改訂します。そのため、取引に異議が申し立てられた、取り消された、または取引が未承認であることをPayPalが通知した2日以上後に、売り手が物理的な商品を発送する場合、あるいは発注書の内容を履行する場合、売り手保護制度は適用されません。
  • PayPal では、PayPal ペイアウトおよび一括支払いサービスの条件を明確にしています。それには、個人またはその他の対象外の支払いではなく、複数または一括支払いのみを行うためにのみ使用することができ、マーチャントはペイアウトの受取人から適用される同意を得る責任を負うことが含まれます。
  • 弊社は、お客様と PayPal との間のコミュニケーションを規定する条件を明確にしています。
  • 弊社は、PayPal サービスを使用した個人データの処理に関連して、PayPal のデータ保護の役割と責任を明確にしています。

 

更新されたユーザー規約を確認するには、 ここをクリックしてください。

 

PayPalウェブペイメントプラス - ウェブペイメントソリューションおよびバーチャルターミナル規約の改定

発効日:2021年3月15日

以下の変更を、PayPalアドバンストクレジットカードおよびデビットカード規約(旧PayPalウェブペイメントプラス - ウェブペイメントソリューションおよびバーチャルターミナル規約)に対して実施します。

  • 弊社は、PayPalウェブペイメントプラス - ウェブペイメントソリューションおよびバーチャルターミナル規約の名前を変更しました。本規約の新しい名前は、PayPalアドバンストクレジットカードおよびデビットカード規約です。PayPal ウェブペイメントプラス - ウェブペイメントソリューションは、「アドバンストクレジットカードおよびデビットカードによる支払い」と呼ばれるようになります。この規約の新しい名前は、この変更を反映したものです。
  • 本規約の対象となる製品の詳細については、「本規約について」の「PayPalアドバンストクレジットカードおよびデビットカード規約」のセクションを参照してください。
  • 弊社は、PayPal ユーザー規約 (規約の変更に必要な事前通知の日数を含む) とより適切に一致するよう、通知の条項を改訂します。
  • アドバンストクレジットカードおよびデビットカードの機能性では、不正対策がオプションの追加サービスになりました。弊社は不正対策製品の契約条件を定めました。
  • PayPalが支払い処理および不正取引サービスのデータ管理者であることを反映するために、データ処理条件を更新して変更します。