なりすまし・フィッシングメールの対処方法

不審なメールにご注意ください

ペイパルは、厳格なルールに従ってメールを送信しています。以下の個人情報をメールで確認することは絶対にありません。不審に思った場合はリンクなどをクリックせず、「不審なメールの対処方法」に従って対応をしてください。

ペイパルが決してメールで確認することがない情報

  • クレジットカードおよびデビットカードの番号
  • 銀行口座番号
  • 運転免許証番号
  • メールアドレス
  • パスワード

不審なメールの対処方法

不審なメールを受け取ったと思われる場合は、以下の対応をお願いします。

近年、不審なメールの手口は巧妙になってきており、個人での判断が難しくなってきています。登録言語とは異なる言語でのメールを受信した場合、クレジットカード情報や銀行口座情報を求める内容のメールには特に注意が必要です。不審なメールが届いた場合は、リンクをクリックせず、下記の方法で確認を行い、適切に処理してください。

STEP 1

差出人のメールアドレスをすべて開き確認しましょう。悪質なメールは、ペイパルを装った巧妙なアドレスを設定してきますが、必ずペイパルとは異なるメールアドレスが含まれています。

STEP 2

不審なメールを以下のメールアドレスに転送します。

spoof@paypal.com

または、こちらからログインし、トピックで[不正/禁止行為の報告]、サブトピックで[迷惑メール/不審なメールの報告]を選択。メッセージ欄にメールの内容を記載し、[送信]をクリックします。

STEP 3

不審なメールを削除します。

コンピューターウィルスに感染する可能性が高いため、リンクをクリックしたり、添付書類を開いたりするようなことは絶対にしないでください。

メールの削除後、「マイアカウント」に移動し、[取引履歴]をクリックして、不審な取引がないかご確認ください。また、パスワードは定期的に変更することをお勧めいたします。

不審なメールの目的

不審なメールは、悪意ある第三者がよく知られた会社を装い(なりすまし)、虚偽表示を使用してお客さまのクレジットカード番号やアカウントのパスワードなど個人の機密情報を取得しようとする詐欺のメールです。また、メール以外でも人づて、電話、不正なポップアップウィンドウ、ウェブサイトを介して実行されることもありますのでご注意ください。