国内海外向けオンライン販売でペイパルを活用しているBUSHIDO

3月 16日 2021 | PayPal editorial staff

国内海外に向けたオンライン販売で、お客さまが好きな方法で簡単に支払える決済サービスを選択。Eコマース事業でペイパルを活用しているBUSHIDOの事例をご紹介。
logo-bushido

株式会社BUSHIDO(ブシドウ)が経営する「タオバオ新幹線」は、 日本のお客さまが中国のECサイト「タオバオマーケットプレイス」から、商品を簡単に購入できる人気のウェブサービス。BUSHIDOがさらにSamuraiBuyer.comのサイトを立ち上げたとき、立場が逆転し、日本製品を世界に向けて販売するようになった。

icon1

国内・海外の決済一括管理

BUSHIDOは、日本のお客さま向けのビジネスを確立し、海外のお客さまをターゲットにした新規事業を展開するにあたり、お客さまが好きな決済方法を用意し、世界中どこからでも簡単に支払いを受け取れる決済サービスを探していた。さらに、そのサービスは、世界的に知名度が高く、お客さまが信頼できる企業である必要があった。

  icon2

国内・海外の支払いを処理するEC決済サービス

こうしてBUSHIDOは、簡単に一括管理できる決済サービスとしてペイパルを導入し、同社のさまざまなウェブサイトで国内と海外のお客さまがかんたんに決済を行えるようになった。おなじみのペイパルのおかげで、お客さまは、ペイパル決済やクレジットカードでのオンライン決済、請求書による支払を使用して、安心して好きな方法で簡単に支払いができる。

  icon3

お客さまが信頼できる簡単な決済方法で、売上高が10倍に

10年前にペイパルを導入して以来、BUSHIDOと同社ウェブサイトでの売上は導入前の約10倍にも達した。ペイパルやクレジットカードでの決済や、ペイパルの請求書ツールを活用した優れた支払い方法をお客さまに提供できたことが、この売上成長に貢献している。信頼のおけるペイパルで安心して支払いができるという購買体験がサービス満足に貢献し、リピーターを増やし、高いリテンション率につながっている。
 

「リピーターの65%はBUSHIDOにとって非常に大切な顧客基盤となっています。多くのお客さまが弊社のプラットフォームで何度も商品を購入してくれる理由の1つは、ペイパルで簡単に支払いができることです。ロイヤルカスタマーの存在が弊社の成長につながっており、過去10年間で、年間の売上が10倍も増加しました。」

株式会社BUSHIDO 代表取締役 田中康晴氏


ペイパルはさまざまなビジネス・規模に対応できる決済サービスを用意しています。 さっそく始めましょう! ペイパルペイアウトサービスを詳しく見る
当サイトに掲載されている内容は情報提供のみを目的としています。当サイトに記載されている文章は、法律、財務、IT、ビジネス、投資アドバイスその他に相当するものではなく、専門家のアドバイスに代わるものでもありません。ビジネスに関するいかなる決断に際しては、事前に個別の会計、財務、IT、法律の専門家からアドバイスを得ることをお勧めします。
当サイトに掲載されている内容は情報提供のみを目的としています。当サイトに記載されている文章は、法律、財務、IT、ビジネス、投資アドバイスその他に相当するものではなく、専門家のアドバイスに代わるものでもありません。ビジネスに関するいかなる決断に際しては、事前に個別の会計、財務、IT、法律の専門家からアドバイスを得ることをお勧めします。