ポリシーの更新

 

>> すべての規約を表示

>> 過去のポリシーの更新を表示

 

ポリシーの更新

 

PayPalユーザー規約の変更のお知らせ

発行日: 2020 年 7 月 8 日

 

この書類をお読みください。

PayPalは、お客様とPayPalとの関係に適用されるユーザー規約を改定します。これらの今後の変更についてご理解いただくため、下記の通知をよくご確認いただきますようお願いいたします。

これらの変更は下記に記載の発効日に自動的に行われるため、お客様による対応は必要ありません。これらの 変更を拒否し、お客様のアカウントの解約を希望される場合は、 追加の手数料を負担することなく、発効日の前に行うことができます。

日本のユーザー規約の更新

発効日: 2020 年 7 月 31 日

PayPalは、ユーザー規約を全体的に新しいものにしました。お客様がPayPalの製品及びサービスを利用するにあたり、かかる権利及び義務が容易に理解できるよう、また、その内容が親しみやすいものになるよう努めています。

PayPalの取り組み

PayPalは、ユーザー規約の内容をシンプルにし、新たに見出しを色分けすることで、お客様のアカウントに関連する情報がより見つけやすくなるように、内容を変更しました。ユーザー規約の内容の改定及び再編を行うことにより、お客様がより理解しやすく、簡単に情報が見つけられるような構成にしています。PayPalは、下記に記載の変更以外の内容について、意味を変えることなく、内容の説明を容易にし、またその説明箇所を明確にしました。

ユーザー規約の再編に加え、下記のとおりPayPalユーザー規約の更新を行います。

  1. お客様のアカウントについて

下記のページと条件をPayPalの 規約 ページに追加しています。

  • 売り手による情報の取得、保有および利用
  • PayPal支払代替方法(APM)にかかる条件
  1. PayPalの買い手保護制度の対象外の商品及び取引

PayPalの買い手保護制度の対象外の商品及び取引の一環として、弊社は以下を追加しています。

  • 特別注文商品や部分的に特別注文された商品、または、買い手が直接その商品を受け取った場合における、説明と著しく異なることに関するクレーム。
  • 金に関して行われた支払(物理的なもの、または取引市場で設定された価格に対する支払を含みます。)
  • 単一商品または複数商品の取引を含む、転売を目的とする商品。
  1. PayPalの買い手保護制度の取引適用対象

PayPalの買い手保護制度の改訂により、お客様が買い手の場合は 問題解決センターを通してクレームを提出する前に、売り手に直接連絡し、問題を解決するよう試し見る必要があります。

  1. PayPalの売り手保護制度

PayPalは、PayPal売り手保護制度の資格要件を改訂し、補償範囲を拡大しました。

  • 一定の無形商品に適用されるよう売り手保護制度を拡大し、該当する無形商品の補償範囲についての条件を明確にしています。
  • PayPalが関与していない環境において発生した未承認取引についての補償は、行われない旨を明確にしています。
  • 売り手保護制度における説明と著しく異なるクレームの場合、状況によっては売り手に商品が返品されない場合、または、売り手に対して商品の返品はあるが、返品に対しての配送料を売り手側で負担する場合があることを明確にしています。
  1. 主なお問い合わせ先

PayPalサービスの特定の分野はPayPalの外部業者によって運営されています。外部業者は以下を含みます。

ePerformax Centers, Inc.
7th Floor ePerformax/SCAPE Building, Macapagal Ave.cor.Pearl Drive,
Central Business Park 1, Brgy.76, San Rafael, Pasay City 1302, Philippines


Teleperformance Malaysia Sdn.Bhd.
170-11-01, Livingston Tower, Jalan Argyll, Georgetown, 10050 Penang, Malaysia

更新されたユーザー規約は、2020 年 7 月 16 日よりご確認いただけます。こちら をクリックしてご覧ください。