ポリシーの更新

>> すべての規約を表示

>> 過去のポリシーの更新を表示

ポリシーの更新

 

 

日本PayPal規約の改訂通知

発行日: 2021年4月29日

 

このページ

このページには、日本のPayPalユーザー規約、その他のオンライン規約、ポリシー、またはステートメントに関して行われる重要な変更について、ユーザーに通知するポリシーの更新情報が表示されます。以前のポリシーの更新情報を表示するには、「過去のポリシーの更新」に移動してください。

 

今後の変更

弊社は、PayPalとの関係を規定する特定の規約(以下に記載)を変更します。これらの変更は、以下に記載されている対応する発効日に自動的に行われます。

 

必要なアクション

以下の注意事項をよく確認し、今後の変更についてよく理解してください。それ以外の場合は、お客様からのこれ以上のアクションは必要ありません。このような変更を拒否したい場合は、適用される発効日より前にお客様の PayPalアカウントを解約する必要があります。

 

PayPal ユーザー規約の改訂

発効日: 2021年5月31日

  • PayPalでは、PayPalの買い手保護制度および売り手保護制度の適用対象となる取引に関して、グローバルで一貫した制度内容とするため、さらに改訂を行います。
  • 寄付の支払いまたは受け取りの扱いについても明記しています。
  • お客様が取引で返金を行う際に支払う手数料について、文言を明確にしています。
  • PayPal残高からご登録の米国の銀行口座に資金を引き出す際の手数料を増額しています。
  • PayPalユーザー規約および手数料ページからマーチャントレートを削除しています。

更新されたユーザー規約を確認するには、 ここをクリックしてください。

 

PayPalアドバンストクレジットカードおよびデビットカード規約の改訂

発効日: 2021年5月31日

  • PayPalアドバンストクレジットカードおよびデビットカード規約の名前が変更されました。この規約の新しい名前は、PayPalオンラインカード決済サービス規約です。
  • 本規約の対象となるサービスの詳細については、「PayPalオンラインカード決済サービス規約」の「本規約について」のセクションを参照してください。
  • PayPal決済ボタンの使用について条件を明確化しました。 
  • 定期請求および定期支払いの機能の使用について条件を追加しています。
  • 弊社の所有権に関する条件が更新されました。