API決済

製品名:エクスプレスチェックアウト必要な技術レベル:★★★ 必要な技術知識:プログラミング スマートフォン標準対応

柔軟なシステム連携が可能

柔軟なシステム連携が可能

バックエンドシステムとの連携可能で
幅広いビジネスニーズに対応

少ない画面遷移でコンバージョン率UP

少ない画面遷移でコンバージョン率UP

決済時のステップを削減して成約率をアップ

API決済とは

API決済とは、ペイパルアカウントに登録された顧客のクレジットカード情報や配送先住所を使ってAPIで決済を行います。決済完了の障壁となる会員登録などを“ショートカット”。画面遷移が少ないため、決済完了率のアップが期待できます。また、セキュリティが高く、拡張性が高いため、物販、サービス、デジタルコンテンツ、定期支払い、新しいビジネスモデルなど幅広い販売スタイルに適しています。

おすすめポイント

柔軟な組み込みが可能

API型サービスなので、ECサイトへの柔軟な組み込みが可能。バックエンドシステムとの連携をはじめ、幅広いビジネスニーズに対応します。

画面遷移が少なくコンバージョン率UP

顧客が決済をする際のステップを削減できるので成約率アップにつながります。


API決済を使って、会員登録をスキップ。
スムーズな決済でコンバージョン率UPが期待できます。

API決済の「ショートカット決済」の仕組み


ペイパルのコンバージョン率は
他社決済サービスより平均60%以上も高い!

※コンバージョン率とは、同じセッション内において、決済方法を選択して支払いを完了するまでを指します。

コンバージョン率 ペイパル88.7%

コンバージョン率 他社デジタルウォレット 55.3%

コンバージョン率 すべての決済サービス 48.7%


さらに、ペイパルのAPI決済(エクスプレスチェックアウト)を導入していると47%もコンバージョン率が高い!

API決済(エクスプレスチェックアウト)
を導入しているサイト
61%
API決済(エクスプレスチェックアウト)
を導入していないサイト
41.3%


導入方法はこちらから

ご自身で導入する

導入パートナーを探す