海外販売のはじめ方

海外販売の実践に取り組んでいる、株式会社デジタルスタジオ 代表取締役 板橋憲生にお話を伺いました。

ポイント1:ひとこと英語で日本製品を好きになってもらおう

海外販売は、悩んでいるより、まず実践してみよう!

世界のEC (電子商取引) 市場の規模は日本の10倍以上。そして、海外販売は市場情報が少ない分、自分で実践すると売れるための具体的な方法やノウハウが次々にわかってきます。実際に始めてみれば有益な情報がどんどん蓄積されていき、次の販売につながっていくのです。悩むより先に始めてみるのが海外販売を成功させる秘訣だと思います。

海外で売れるためには商品のニーズ自体を開発する

手ぬぐい、仏壇、ぬいぐるみ、高級トイレットペーパー、はさみ、おめんなど、紹介すれば海外でも売れる意外な日本の商品はたくさんあります。これらの存在を海外の方は知りません。そして、海外の人は「てぬぐい」という言葉さえ知らないため検索することすらできないのです。

例えば、「てぬぐい」という言葉がわからなくても、使い方を教えてあげることはできます。ある国ではてぬぐいはマフラーとして売れるかも知れないし、バンダナとして使われるかもしれません。こうした売れ方の予測が難しい商品は、自分でメッセージを臨機応変に変更でき、かつコストを最小限に抑えられるFacebookの活用が適しています。

Facebookでコンテンツを作る際のポイント-エンターテイメント性の高いコンテンツが、商品の魅力をアピールする

アメリカでは、よく使われる一般消費材はネットで検索して買います。それ以外の商品は、暇な時になんとなくネットを見ていて写真に惹かれ、面白そうだから買うという購買行動が今は主流です。海外で認知度が低い商品でも、エンターテイメント性の高いコンテンツを作り、Facebookで見せ方を工夫してあげるだけで一気にビジネスチャンスが拡大するのです。

エンターテイメント性の高いコンテンツの例

海外で認知度が低い商品でもニーズの開発で売れる商品になる

投稿の内容は詳しい解説は控える。写真とひとことだけで十分

Facebookで広告を掲載する際、商品の長い説明は必要ないということです。製品写真をアップし、毎日短いコメントを「amazing!」の一言でもかまわないので上げ続けてください。そこに海外からの反応が集まりだせばしめたものです。Facebookで多数のシェアが獲得され、トラフィックが増加すれば、その面白さに気づいていただけると思います。思いもよらぬ反応がすごいスピードで返ってくるようになります。彼らが現地の言葉で商品の魅力、価値をコメントという形でFacebookページに書きこんでくれるようになります。

ポイント2:短期間で効率的に購買者を見つけるための方法

Facebook広告で販売地域をターゲットしよう

お金をかけずにターゲットにアピールするにはFacebook広告を効率的に利用しましょう。Facebook広告のいいところは、日本国内からでも地域やセグメントを切って広告を出稿できるので、効率的にターゲットにメッセージを送ることができます。

私たちが実践してきた経験から、売上が高い地域は米国を中心とした環太平洋の英語圏です。

  1. アメリカ
  2. ニュージーランド
  3. シンガポール
  4. オーストラリア
  5. 香港

Facenook広告の地域ターゲティング

Facebook広告は地域などを絞り込んで配信が可能

リアルの世界ではアジアの市場は急速に拡大していますが、インターネットで高級商材を販売する場合は香港、シンガポールなど資本力がある国のほうが売上に結びつく傾向があります。

どれくらいFacebook広告に投資するか?

予算的には最初の1カ月で最低10万円くらいの広告費を投入します。
反応を見ながら、ターゲットの調整を行い、売上の高い地域へ広告を絞り込むのがおすすめです。Facebook広告で地域を指定すると、その地域の見込み客数が表示されるので、その数字と実際の反応の数を比較して有望さを判断します。
通常、製品をサイトで紹介した後は売れるのを待っているだけですが、Facebookを使えば、反応にあわせて売り方をコントロールしていけるのです。