事例紹介
株式会社ヤマダ電機

■ 導入サービス
・エクスプレスチェックアウト(API型)
・事前承認支払い(リファレンストランザクション)

株式会社ヤマダ電機 IT戦略室ネット通販部 部長代理 矢部孝美氏1

リピーターを生む「買いやすさ&セキュリティ」を両立させるには?

“ペイパルの「事前承認支払い機能」を導入してからは、半年足らずで受注が10倍に増えました”

株式会社ヤマダ電機 IT戦略室ネット通販部 部長代理 矢部孝美

■ペイパル導入の効果
①決済の手間を大幅に減らして、売上もリピーターも急増
②「顧客の買いやすさ」と「堅牢なセキュリティ」を両立
③Webから実店舗への顧客誘導など商圏の拡大・創出が可能

株式会社ヤマダ電機 IT戦略室ネット通販部 部長代理 矢部孝美氏1

リピーターを生む「買いやすさ&セキュリティ」を両立させるには?

“ペイパルの「事前承認支払い機能」を導入してからは、半年足らずで受注が10倍に増えました”

株式会社ヤマダ電機 IT戦略室ネット通販部 部長代理 矢部孝美

■ペイパル導入の効果
①決済の手間を大幅に減らして、売上もリピーターも急増
②「顧客の買いやすさ」と「堅牢なセキュリティ」を両立
③Webから実店舗への顧客誘導など商圏の拡大・創出が可能

決済時の手間を省いて
お客様の「買い気」をうながすペイパル


買いやすさでリピーターが急増。
一方ではセキュリティの大幅な強化も実現

ヤマダ電機では、ペイパルを評価するポイントとして次の3点を挙げる。

1ECサイトでの「かんたん決済」を実現して売上&リピーターが急増中

2「顧客の買いやすさ」と「堅牢なセキュリティ」の両立が可能

3オムニチャネルの可能性を拡げるペイパルの「買いやすさ」






新たな顧客層の獲得から
“ペイパル商圏”の創出を目指す

矢部氏はペイパルの活用が今後、新たな顧客が来店するきっかけ作りになると見ている。「ヤマダウェブコム」を通じてヤマダ電機を知ったペイパル会員が、地元の店舗に足を運んでくれる可能性だ。

加えて、既存のチラシやテレビ CM に反応しない顧客層へのリーチも期待している。もちろんその成果はまだまだ未知数だが、経営理念の「創造と挑戦」そのままに、新しい市場を拓くためにはトライ&エラーこそが大事だと矢部氏は強調する。「そのために新たな決済サービスを導入するのもまた挑戦ですが、多くのお客様に使っていただけるというだけでも大きな可能性があります。本格的にペイパルの便利さがお客様に拡がっていけば、それだけで“ペイパル商圏” という新しい顧客層が生まれてくるのではないかと期待しています」。

IoT企業としての成長を目指すヤマダ電機のチャレンジを、ペイパルがさらに加速してゆく。


ペイパル導入の効果