チャージバック(返金)を減らすためのコツ

チャージバックとは?

チャージバック(返金)とは、クレジットカード名義人が、クレジットカード会社に対して不正利用などを理由に払い戻しを求めるものです。チャージバックは、おもに不正利用等の被害から買い手を保護するためにある仕組みですが、売り手に追加費用や対応の手間が発生します。売り手の負担を軽減するためにも、以下をよく読んで対策をしましょう。

チャージバックはどのような時に起こるのでしょうか?

買い手に発送した商品が届かない場合

買い手に発送した商品が届かない場合

買い手が受け取った商品が、説明と著しく異なったと思った場合

買い手が受け取った商品が、
説明と著しく異なったと思った場合

カード名義人が承認をしていない取引が発生した場合

カード名義人が承認をしていない
取引が発生した場合

チャージバックを減らすためのコツ

  • ウェブサイトに返金ポリシーを記載してください。
  • 顧客に売り手側のカスタマーサービスの電話番号をお知らせください。
  • 販売している商品について、写真、サイズなどできる限り詳しい情報を掲載してください。
  • 高額な商品を販売する場合は、事前に電話などでの確認を行ってください。
  • 顧客からの問い合わせには迅速に、かつ適切に対応してください。
  • 問題が発生した場合、顧客にペイパルの[問題解決センター]で報告をすることをご提案ください。
  • 顧客からの返金要求に合意した場合、返金について放置せず、即時に対応してください。返金をすることで、チャージバックで発生する追加費用の負担を防ぐことができます。また、ペイパル以外で返金が行われた場合は、売り手保護制度が適用されませんのでご注意ください。

一定の条件を満たせば、
売り手保護制度で保護される可能性があります。

売り手保護制度が適用されるまでのステップ

  • クレジットカード名義人のクレジットカード会社からペイパルに連絡があると、売り手様のアカウントに制限がかかり、代金が保留されます。
  • マイアカウントにログインし、[問題解決センター]から必要な書類を提出します。ペイパルが売り手様に代わってクレジットカード会社に書類を提出します。
  • 売り手保護が適用とみなされた場合は、代金の保留が解除され、売り手様のアカウントに入金されます。