プレスリリース

2017 年 10 ⽉ 26 ⽇

2017 年 10 ⽉ 26 ⽇
PayPal Pte. Ltd.東京⽀店

ペイパル、第3四半期決算を発表
収益は21%向上、32.39億ドルを達成

本リリースは⽶国本社 PayPal Holdings, Inc. にてリリースされた内容の抄訳となります。

グローバル決済においてのプラットフォーム及びテクノロジーリーダーであるペイパル(PayPal Holdings, Inc. (Nasdaq: PYPL))は10⽉20⽇に第3四半期(2017年7⽉1⽇〜9⽉30⽇)の決算および通期の業績見通しを発表しました。第3四半期では、収益は前年同期比21%(FX ニュートラル:22%) 増の32.39億ドルを達成。アクティブアカウント数(年に1回以上利⽤するユーザーの数)は当四半期に820万件の増加、その結果合計決済件数は前年同期比26%増の19億件に上昇。取扱⾼の総合計は30%(FX ニュートラル:29%)増の1,140.45億ドルとなりました。

戦略的提携による事業拡大を継続

ペイパルは当四半期にSkypeとの世界22カ国における戦略的提携を発表しました。この提携により、PayPalアカウントをもつユーザーは、Skypeモバイル・アプリのチャットを通じて互いに送金できるようになりました。さらに、マスターカードとのパートナーシップをカナダ、ヨーロッパ、ラテンアメリカ・カリブ海、そして中東・アフリカへと拡大することも発表しました。

モバイルの順調な成長

ペイパルのモバイル向け製品開発アプローチは、ペイパルの業績を牽引しています。当四半期の総取扱高1,140.45億ドルのうちモバイル端末経由の取扱高は前年同期比54%増の約400億ドルとなり、全体の35%に達しました。また、個人間(P2P)取扱高も47%成長し、総取扱高の約21%を占める240億ドルになりました。米国における当社のソーシャルペイメントプラットフォームであるVenmoの利用も引き続き順調に拡大し、取扱高は前年同期比93%増の94億ドルと大きく成長しました。

この四半期終了時点で、7,000万以上のアクティブユーザーがワンタッチを利用しています。さらに、600万以上のマーチャントとインターネット小売業者が、モバイルとデスクトップのショッピング体験でワンタッチを提供しています。

なお、当四半期には、既に発表済のTIO Networksの買収に加え、米国の小規模事業者向け事業融資の大手であるSwift Financialの買収が完了しました

第3四半期の報告は以下のリンク先をご参照ください。(英語のみ)
https://investor.paypal-corp.com/releasedetail.cfm?ReleaseID=1044634