プレスリリース

2017 年 5 月 11 日

本リリースは米国本社 PayPal Holdings, Inc. にてリリースされた内容の抄訳となります。

2017 年 5 ⽉ 11 ⽇
PayPal Pte. Ltd.東京⽀店

ペイパル、第1四半期決算を発表
収益は17%向上、29.75億ドルを達成

グローバル決済においてのプラットフォーム及びテクノロジーリーダーであるペイパル(PayPal Holdings, Inc. (Nasdaq:PYPL))は4月26日に第 1 四半期(2017年1月1日〜3月31日)の決算および通期の業績を発表しました。第 1 四半期では、収益は17%(FX ニュートラル:19%) 増の29.75億ドルを達成。アクティブアカウント数(年に 1 回以上利用するユーザーの数)は600万件の増加、合計決済件数は23%増の17億件まで上昇。取扱高の総合計は 23%(FX ニュートラル:25%)増の990億ドルとなりました。

株式買戻しによる株主還元

ペイパルは4月26日、ペイパルの取締役会が新たに自社株式の買戻しを承認したと発表しました。

同プログラムでは、50億ドルを上限に自社の株式を買い戻すことができるようになります。この買戻しは、当社の2016年1月の株式買戻しの完了後に有効となります。2017年3月31日時点では、約4.88億ドル相当の株式が本件事前承認により買戻し可能となっています。

戦略的パートナーシップ

ペイパルは先般、Googleとの提携拡大を発表しました。米国のAndroid Payでペイパルが利用可能になり、Android Payは何百万ものマーチャントに選ばれる支払い方法として受け入れられています。さらに、米国にてペイパルはWells Fargoとの提携契約を発表し、Wella Fargoはペイパルをイシュアーとして加えることで、さらなるPOSのサービス拡大を目指します。また、ペイパルはアジア太平洋地域におけるデジタル決済に注力するVisaとのパートナーシップを拡大しました。

製品のイノベーションによる価値提案

ペイパルのモバイル向け製品開発アプローチは、プラットフォーム全体のエンゲージメントを促進しています。当四半期の取扱高の32%はモバイル決済によるもので、モバイル決済における取扱高は前年同期と比較し51%増の約320億ドルになりました。さらに、米国におけるソーシャルペイメントプラットフォームであるVenmoによる取扱高は686億ドルを記録し、2016年の第 1 四半期に比べ2倍以上の増加が見られました。

この四半期終了時点で、5300万以上のアクティブユーザーがワンタッチを利用しています。さらに、500万以上のマーチャントとインターネット小売業者上位100社の75%が、モバイルとデスクトップのショッピング体験でワンタッチを提供しています。

第1四半期の報告は以下のリンク先をご参照ください。(英語のみ)
https://investor.paypal-corp.com/releasedetail.cfm?ReleaseID=1023082