不正防止モデル

ペイパルには不正による被害を最小限に抑えるための独自の不正防止モデルがあります。

たとえば、アカウントに通常とは異なる動きがあった場合に一時的にアカウントを制限したり、不正が多い業界には追加審査を行うなど、オンライン決済で15年以上のノウハウと経験から生まれた独自の不正防止モデルをご用意しています。

不正利用から売上を守るためのアカウントの制限

不正利用の疑いがある場合や、クレームやチャージバックが急増した場合、被害を最小限に抑えるためにアカウントを制限する場合があります。制限を解除するには、安全を確認させていただくために書類のご提出が必要です。

より安全にお取引いただくための追加審査

ペイパルは、手軽な本人確認手続きのみでかんたんにクレジットカード決済を受付けられる便利なサービスです。

ペイパルは取引の安全と売上を守ることを第一と考えています。そのため本人確認手続き完了後でも、特定の業種・業態(例:旅行、チケット販売、サー ビス、セミナーなど)や月間売上高が一定額を超えた場合には、不正利用から売上を守るために審査の追加書類をご提出いただく場合があります。

また、利用規定ポリシーに基づき、新規登録をいただく前に事前承認が必要なサービスがあります。さらに、特定の物品・行為に関与する取引ではペイパルをご利用いただけませんのでご注意ください。


ご利用実績に基づいた保留金の設定について

ペイパルを利用すれば、スタートアップや新しいビジネスモデルの事業でもクレジットカード決済を受付けることができます。安全なお取引を確保するために、審査が完了してもペイパルでの取引年数が少ない方や特定の業種の方には「保留金」を設定させていただく場合があります。ペイパルのサポートチームが「保留金」の解除に向けてのアドバイスをします。