事例紹介
株式会社ブルックス

■ 導入サービス
・エクスプレスチェックアウト(API型)

ブルックスグループ株式会社アンフィニ情報システム部部長竹内大祐氏

海外の新規顧客を獲得するために必要なものは?

“世界中で利用されている決済方法を提供し、海外のどこからでも安全で使いやすいECサイトにする”

ブルックスグループ 株式会社アンフィニ
情報システム部 部長 竹内大祐 氏

■ペイパル導入の効果
①新規ユーザーの「カゴ落ち」の減少
②個人情報管理の手間と情報漏洩リスクからの解放
③ペイパルの海外での信頼と知名度による、海外顧客からの信頼獲得

ブルックスグループ株式会社アンフィニ情報システム部部長竹内大祐氏

海外の新規顧客を獲得するために必要なものは?

“世界中で利用されている決済方法を提供し、海外のどこからでも安全で使いやすいECサイトにする”

ブルックスグループ 株式会社アンフィニ
情報システム部 部長 竹内大祐 氏

■ペイパル導入の効果
①新規ユーザーの「カゴ落ち」の減少
②個人情報管理の手間と情報漏洩リスクからの解放
③ペイパルの海外での信頼と知名度による、海外顧客からの信頼獲得

お支払い方法の選択肢を広げることで、お客様の利便性をより向上させる

1964年に、茶・海苔のパッケージ販売を開始。1983年には、日本で初めてとなるレギュラーコーヒーの通信販売をスタートさせた。さらに10年後の1993年には、業界に先駆けてネットショップをオープン。インターネット市場の本格的な広がりに向けて、ブルックスグループのネットショップが新たなステップを踏み出したのは、2009年の海外向けECサイトのオープンだった。

この開設から3年後の2012年には、従来からのクレジットカード決済に加えてペイパルを導入。ほぼ同時にオープンした国内向けサイトにも、同じペイパルの決済サービスを採用してきた。

海外向けサイトは、すべての顧客がクレジットカードを持っているわけではなく、持っていたとしても、国によって規約や定款が異なってくる。そこで、できるだけ標準化された決済方法を提供することで、海外のどこからでも使いやすく安全なオンラインショッピングを楽しんでもらおうと考えたのだ。さっそく新たな決済方法を検討した結果、ペイパルが世界各国で利用されていることを知り、導入に踏み切った。

ペイパルの知名度と利便性を利用して海外の新規顧客を獲得

ブルックスグループでは、ペイパルを評価するポイントとして、次の3点を挙げる。

1 新規ユーザーの「カゴ落ち率」減少

一般のオンラインショッピングでは、新規ECサイトを利用するたびに、クレジットカードや住所などを登録してアカウントの作成が必要である。その点、エクスプレスチェックアウトの“ショートカット決済”を導入していれば、顧客はアカウントを作成したり情報を入力したりする手間が省ける。これにより「カゴ落ち率」が大きく減少し、売上の増加や新規客の取り込み率の向上が期待できるのだ。

「特に、海外は新規のお客様がほとんどです。ペイパルが使えるとわかれば、これまでは買っていただけなかったお客様も気軽に購入してくださる可能性が出てくると期待しています。」と竹内氏。

2 個人情報管理と手間と漏洩リスクからの解放

ペイパルはあらかじめペイパルに登録されたアカウント情報を利用して決済を行うため、顧客はECサイトに直接クレジットカード番号などの個人情報を入力する必要がない。

「顧客自身も安心だが、これを企業の側から見れば、顧客のクリティカルな個人情報を自社で預かる必要がないということです。すべての中堅・中小企業にとって、万一の情報漏洩やハッキングなどの情報セキュリティリスクを回避できる大きなメリットといえます。」と渡辺氏。

3 海外での信頼と知名度による、海外顧客からの信頼獲得

「海外市場は非常に魅力的ですが、当社の外国での知名度はまだまだです。

当社のWebショップを初めて訪れたお客様が、『ペイパルの決済システムなら安心だから、ここで買っても大丈夫』と思ってくださることを期待しています。そうやってまずペイパルユーザーからブルックスの商品の良さを知っていただき、さらなる新規顧客の獲得に広げていけたらと願っているのです。」と竹内氏は期待を語る。






グローバル市場への挑戦を
ペイパルがサポート

海外マーケットへのアピールに意欲を燃やす同グループが、訪日観光客が急増する中、今大いに注目しているのが2020年の東京オリンピックだ。来日した外国の人々に手軽にブルックスコーヒーを味わってもらおうと、アンテナショップである東京・原宿の「BROOK'S CAFE 原宿店」では、スマートフォンで簡単にクレジットカード決済が行える「PayPal Here」を導入したという。

「こうした珍しい決済方法自体が、当社への面白い印象作りになればと思っています。この店舗での体験を基に、帰国された後もECサイトを通じてブルックスコーヒーのファンになっていただければ嬉しいですね。」と期待を語る竹内氏。

わが国のコーヒー業界で異彩を放ってきたブルックスグループの、新たなグローバル市場への挑戦に、ペイパルが貢献できる日はそう遠くなさそうだ。

ペイパル導入の効果

  1. ①新規ユーザーの「カゴ落ち」の減少
  2. ②個人情報管理の手間と情報漏洩リスクからの解放
  3. ③ペイパルの海外での信頼と知名度による、海外顧客からの信頼獲得