PayPalの異議解決手数料とは何ですか。また、私が請求された理由を教えてください。

PayPalは、買い手がPayPalアカウント、またはPayPal Checkoutをゲスト使用して完了させた取引に対する異議の解決手続きの管理費として、異議手数料を請求します。この異議手数料は、買い手がPayPalに直接クレームを提出した場合、およびカード発行会社のチャージバックまたは銀行の支払い取り消しに関連してクレームを提出した場合の取引のいずれにも適用されます。異議手数料は、PayPal Proまたはアドバンストクレジットカードおよびデビットカードの処理(「ノーブランド」取引とも呼ばれます)を通じて処理された取引には適用されません。

異議手数料の金額は、過去3ヶ月間にお客さまの合計売上に対して提出されたクレームの割合によって異なります。お客さまの異議発生率が1.5%以上で、過去3ヶ月間に100件以上の販売取引があった場合を除き、標準の異議手数料が適用されます。このカテゴリに該当する場合は、各異議に対して大口の異議手数料が適用されます。 

標準の異議手数料は、クレームにエスカレートされていないPayPal問題解決センターからの異議、買い手と売り手との間で円満に解決された異議、または未承認取引として直接PayPalに提出された異議に対しては免除されます。

異議とクレームの詳細とその対処方法については、弊社の[ヘルプガイド]をご覧ください。

さらにサポートが必要ですか?

異議発生率の計算方法と、異議手数料の請求を回避する方法を教えてください。