ペイパルと銀行で一回あたりに取引できる金額に違いはありますか?

はい、ペイパルの場合、資金移動業者として行う一回あたりの取引金額の上限は100万円、また外貨の場合には100万円相当額以下と法令上の制限が設けられています。これに対して銀行など銀行業として行う為替取引には、取引金額に資金移動業者のような法令上の上限はありません。なお、取引金額の上限については、手数料などは含まれておりません。