PayPalアカウントで本人確認手続きを行う目的は何ですか。

本人確認手続きは、金融機関から求められる手続きで、「犯罪による収益の移転防止に関する法律」に基づき、取引を確認するために行われます。PayPalは、資金移動業者として金融庁に登録されており、マネーロンダリングおよびテロ資金の供与を防止するために、この法律に従う必要があります。このためPayPalは、日本でPayPalを通じて取引するユーザーの本人確認手続きを依頼および実施する必要があります。

また、この手続きは、架空の銀行口座の作成や、不正請求および振り込め詐欺におけるこれらの銀行口座の使用を防ぐことで、不正行為を撲滅する目的もあります。

パーソナルアカウントの本人確認手続きを完了する方法の詳細をご覧ください。